花器の販売|宮崎の窯元陶器の製作【とみ徳】

毎日使って楽しい陶器。これまでにない新しいデザインの花器や花入れを制作・販売しています。

トップページ

花器など素敵な陶器ができるまで

皆さんは、陶器がどのような手順で形になっていくかご存知でしょうか?
制作完了までの基本的な工程を見ていきましょう。

①土づくり

まずは土づくりからのスタートです。性質が異なる何種類かの土(陶石・粘土・長石)を組み合わせることによって、強度・質感・手触り・色合いなど、器の仕上がりに違いが生まれてきます。

②土練り

第二工程は土練りです。「土を練る」といっても、これがなかなか容易ではありません。
土練りには、硬さを均等に整える「荒練り」と、菊の模様を描くように捏ねて空気を抜く「菊練り」があります。

「練り3年」といわれるほど、この作業は非常に難しく、同じ土を使っても制作後に大きな違いが生じるため、ここが腕の見せどころといえます。練るリズムや体重の移動、水分量の調節や気泡の抜き方等、ポイントも様々です。

③成形

土練りを終えたら、いよいよ成形です。手を使って成形する以外にも、道具(タタラ作り・ろくろ)を使った手法があります。近年は、電動ろくろで効率的に成形していく方法がメジャーとなりましたが、異形のデザインや平らな陶芸作品を作る際には、タタラ作りの方が適しています。

④仕上げ(乾燥・削り)

やや乾燥させたところで、茶碗や花器などは木べらで高台を削って形を整えます。できあがった作品は、約1~2週間かけてゆっくりしっかりと乾かします。大物になると1ヶ月ほどかかります。作品の大きさや肉厚、季節や天候、室温や湿度によって乾燥させる時間を調節するのがポイントです。

⑤素焼き

乾燥だけでは水分を完全に除去しきれません。そこで水分をしっかりと蒸発させるために素焼き(800度前後の温度で約8~12時間)を行います。素焼きの作業後は粘土には戻らない状態になりますので(水につけても溶けにくい)、その後の工程(絵付けや釉薬がけ)がしやすくなるでしょう。また、本焼きの場合は1230~1250度で仕上げています。

⑥下絵付・施釉(せゆう)

素焼きした器には、釉薬(ゆうやく・うわぐすり)をかけてガラス質の皮膜をつくります。
施釉(せゆう)の工程を踏んでおけば、様々な色や柄で作品に表情をつけやすくなったり、水やガス漏れを防げます。釉薬をかける前に下絵の具で絵を描いたり(絵付け)、何種類かを掛け分けたり部分的に重ねたりして作品に個性をつけていきます。

⑦本焼き

施釉を終えて十分に乾燥させたら、いよいよ最後の仕上げです。作品を窯の中に入れ、約1000~1300℃の温度で15時間ほど焼き上げます。複数の陶器を本焼きする場合は、間隔をあけて置き、熱で溶けていく釉薬が他の陶器にくっつかないように注意しなければなりません。

花器など陶器の制作販売・通販ならとみ徳

とみ徳では、デザインにこだわった陶器をひとつひとつ制作、販売しております。これまで見たことがないデザインの陶器を是非お楽しみ下さい。

コンテンツ

「花入れ」はお茶を楽しむために欠かせません陶器などの焼き物の種類を知ろう花器の扱いなど花を長持ちさせる為には陶器の花器や雑貨で和モダンな部屋を演出和食器選びのポイント花のある暮らしを楽しもう陶器の美しさをいつまでも花器など素敵な陶器ができるまで陶器から香るアロマの心地良さ日本人と焼き物

お問い合わせはこちら

営業:8:00~20:00(不定休) 携帯:090-3735-1018 固定: 0983-27-6346 FAX:0983-27-6346作品制作中はお電話に出られない場合がございます。
その際はメールフォームにてご連絡いただけると幸いです。 mail form

とみ徳
〒889-1301
宮崎県児湯郡川南町大字川南23589番地1
新しいタイプの陶器、花器、花入れ等お求めの際はとみ徳までご相談下さい。
また通販も可能です。デザインにこだわりぬいた逸品を是非、お楽しみ下さい。
携帯:090-3735-1018
固定:0983-27-6346
FAX:0983-27-6346
営業:8:00~20:00(不定休)
※作品制作中はお電話に出られない場合がございます。その際はメールフォームにてご連絡いただけると幸いです。

とみ徳代表 冨岡 徳昭

pagetop