花入れ、花器の逸品【とみ徳】

毎日使って楽しい陶器。 これまでにない新しいデザインの花器や花入れを制作・販売しています。

トップページ

「花入れ」はお茶を楽しむために欠かせません

茶道はお茶を入れて飲むだけでなく、茶道具や部屋に飾る美術品にこだわることでより一層楽しむことができるものです。こちらでは、お茶を出す空間創りに必要な花入れについてご紹介します。

花入れとは

お客様を招いてお茶を振舞う際は、床の間に掛け軸や花入れを飾るものです。花入れという言葉を聞き慣れない方もいらっしゃるかもしれませんが、いわば花瓶のことです。仏様に供える供花を挿した花瓶が始まりと言われていて、時代と共に様々な種類が誕生しました。鎌倉時代には唐銅、室町時代には青磁、安土桃山時代には竹や籠といろいろな素材・形の花入れが飾られるようになったのです。

格による分類

花入れの種類は数え切れないほど多く、用途によって分類されています。
その1つが格によるもので、歴史的背景や品格などで真・行・草というように分類されています。真には供花を挿すために使われていた唐銅や青磁があり、格式高い茶事に相応しい入れ物として考えられています。行には釉薬のかかった瀬戸焼や丹波焼などがあり、草には釉薬のかかっていない備前焼や伊賀焼、木や竹でできたものなどがあります。

使い方による分類

一口に花入れといっても床に置いたり、壁に掛けたり、吊るしたりと使い方は様々です。床に置くものには経筒や鶴首、角木などがあります。壁に掛けるものには端坊や三重切、吊るすものには釣舟や筒舟などがあります。素材や形状など種類別にいくつかあると、茶事の空間創りに役立つはずです。通販でも購入できるので、お気に入りを探してみて下さい。

花器・花入れ(陶器)ならとみ徳にお任せください

とみ徳では、デザインにこだわったリーズナブルな価格の陶器を通販でご提供しています。日々の食事に使えるお茶碗や小鉢をはじめ、花器や花入れなど数種類の陶器を取り揃えています。他にはない新しいタイプの陶器はご自宅用としてだけでなく、大切な方へのギフトにも最適です。通販で陶器の花入れやプレゼント用の器などをお探しでしたら、お気軽にご利用下さい。

コンテンツ

「花入れ」はお茶を楽しむために欠かせません陶器などの焼き物の種類を知ろう花器の扱いなど花を長持ちさせる為には陶器の花器や雑貨で和モダンな部屋を演出和食器選びのポイント花のある暮らしを楽しもう陶器の美しさをいつまでも花器など素敵な陶器ができるまで陶器から香るアロマの心地良さ日本人と焼き物

お問い合わせはこちら

営業:8:00~20:00(不定休) 携帯:090-3735-1018 固定: 0983-27-6346 FAX:0983-27-6346作品制作中はお電話に出られない場合がございます。
その際はメールフォームにてご連絡いただけると幸いです。 mail form

とみ徳
〒889-1301
宮崎県児湯郡川南町大字川南23589番地1
新しいタイプの陶器、花器、花入れ等お求めの際はとみ徳までご相談下さい。
また通販も可能です。デザインにこだわりぬいた逸品を是非、お楽しみ下さい。
携帯:090-3735-1018
固定:0983-27-6346
FAX:0983-27-6346
営業:8:00~20:00(不定休)
※作品制作中はお電話に出られない場合がございます。その際はメールフォームにてご連絡いただけると幸いです。

とみ徳代表 冨岡 徳昭

pagetop